日本と日本人とが抱える、陰、闇、隅の中にこそ存在する美を「礼讃」。電灯が普及し、どこでも明るく照らすことによって、失われたものがあった。

プロフィール

さかいじゅんこ

酒井順子

エッセイスト
1966年東京都生まれ。高校在学中から雑誌「オリーブ」にコラムを執筆。大学卒業後、広告会社勤務を経て、執筆業に専念。2004年「負け犬の遠吠え」で講談社エッセイ賞、婦人公論文芸賞を受賞。著書に「裏が、幸せ。」「男尊女子」「源氏姉妹」他。最新刊は「百年の女 『婦人公論』が見た大正、昭和、平成」。

アーカイブ