こんにちは!
21世紀美術館のすぐそばにある本屋、Books Under Hotchkissの太田です。 今回、なぜ「金沢百歩」という連載が始まるのか、そもそもBUHってどんな本屋なのか。 そのあたりをちょっとだけご紹介させていただこうと思っています。

(じーっとこちらを見つめてる建物です。)

 

(オリジナルキャラクターのBUHくん)

うちはギャラリーと本屋さんをかけ算したような空間です。
2階がギャラリーになっていて、作品を展示している人がセレクトした本を1階で 販売しています。毎回ものづくりや表現をしている「ある人」にフィーチャーし、その人の 作品を展示しながら、それらを生むきっかけとなった本(子供の頃に読んだ本、影響を与えられた本など) を1階で販売しています。つまり、作品を生み出すインプットをのぞける新しい本屋なのです。

 

今年の1月20日〜4月15日まで、「乙女の金沢」のプロデューサー、 岩本歩弓さんが普段の金沢の暮らしで息づく「行為」を視覚化した展示 「金沢百歩」が開催されていました。

 

(もし同じ女子校の先輩にいたら絶対好きになってたと思う)

展示は、岩本さんが普段の金沢の暮らしの中で息づく「行為」=ブランドと捉え、 その行為にまつわる物を展示していました。
ex.(「浅野川の河川敷でのんびり寝転ぶ。読書したり、おやつ食べたり。」 「氷室の日、あちこちの氷室饅頭食べ比べ。」などなど)

金沢に住む40人(作家・ショップ店員・イラストレーター・芸妓さんetc.) が選んだよりすぐりの100の「行為」をまとめたマップ(ひゃくまんさんで お馴染み田中サトミさんデザイン!)も販売もしていました。

 

(このボリュームで300円。まだ1階で販売しています)

 

1階には歩弓さんセレクトの、金沢の作家さんが作った食器や小物たちが ずらっと並んでいました。今回は物品数が今までで一番多かったので、 ほぼ雑貨屋と化していました。

(実家に送ったら祖母がテンションあがってた金沢民景)

 

(田辺京子さんの素敵カレー皿)

 

今回、2階のギャラリーで擬似郵太郎ポストを設置し(金沢駅にいるあれです) 来場者に金沢でいいなと思う行為「あなたの百歩」を募集していたのですが、

みなさん結構ノリノリで書いてくれ、思いのほかたくさん集まり、 (ぜんぶ数えたら124枚あった) 書いてある内容がそれはもうよいもので、金沢が好きで、金沢に住んでいる からこそ知っているニッチな場所や食べ物が書いてあったりして、
展示「金沢百歩」はもう終わってしまったけれど 歩弓さんに代わって、今度は私がこれを可視化しなければ!! と、謎の使命感みたいなものが湧きあがってきたのでした。

さらに私はまだ金沢に来て4ヶ月しかたっていないので、 これは金沢を深く知る絶好のチャンスでは?と思い、連載「金沢百歩」を スタートすることに決めました。 みなさんが書いてくれた「あなたの百歩」、ガイドブックには載っていない 金沢の新たな魅力を私だけで独り占めしないよう、これから出来るだけ多く の方に発信していきたいと思います!どうぞよろしくお願いします!

 

<おまけ>

金沢百歩搬出日に歩弓さんがお花畑のようなラーメンを 食べていました。(ラーメンのぼる)

次回、第1歩は「太田悠輝子のかんたんなご挨拶」です。