6月下旬、金沢の街が氷室饅頭競争で賑わうというのは本当であった。
一週間前から、スーパー、デパ地下、コンビニにまで、それらは姿をあらわす。

いつも「別に、気がむいた時でいいから・・」と自信なさげなレジ横和菓子コーナーも、
この時はとても堂々としている。

金沢では、7月1日といったら「氷室饅頭を食べる日」なのです。
江戸時代、加賀藩では冬場に積もった雪を「氷室」という倉庫に保存して夏場に氷として使っていました。
氷室の氷の状態でその年の豊凶を占ったり、氷を食べることで「暑気払い」すなわち、体に溜まった熱気を
とりのぞき、弱った気(エネルギー)を元に戻して暑さを打ちはらうという目的があったとされています。
その氷を毎年江戸城に献上していたそうで、その日が7月1日というわけです。

どうやらお店によって、味が全然違うらしい。
あんこと皮というシンプルな素材だけで出来ているが、だからこそ!
あらゆる和菓子屋さんがそこにオリジナリティを発揮させているらしい。
ということで、

せっかくなら全カラーそろえて食べ比べしてみました。
お饅頭の名前が「氷室」なことを良いことに

のむよね~(この前のロケハンで手に入れた飛騨の地酒)

 

氷室饅頭は色によって意味が違うらしいです。

全部必要なので、全部食べました。

金沢が地元の人は、氷室饅頭は送られてくることが多く
自分で買うという感覚がないみたいです。
それにしても、みんな何十個の単位で買ってくのでびっくりです。

結果、私はこの娘が気に入りました。越山甘清堂の水色氷室饅頭。

見た目はつやつやで、とにかく皮がのび~る。

金沢の夏の便り、氷室饅頭。
なんと食べやすく、軽やかなんでしょう。
じめじめし出した金沢の夏も、これを食べている時だけなら肯定できそう。
ふくさに続き、私的金沢の大好きなお菓子に殿堂入りしました。